お饅頭

おやつにお饅頭を作ってみました。

これは、おばあちゃんがいつも作ってくれていたもの

小さいころを思い出しながら作りました。

実家のある島原市から雲仙のおばあちゃん家までバスで30分。

3歳からバスに一人で乗せられ、母が運転手さんに降りるバス停を告げ、

おばあちゃんがバス停で待っててくれてている。今では、危なくて考えられないけど

そうやって、長いお休みはほとんど雲仙で過ごしました。

おばあちゃんが、作るお饅頭は、さるとりいばらの葉をしいて蒸していました。

私の中では、さるとりいばらは、「お饅頭の葉っぱ」でした。

「お饅頭の葉っぱ探してきて」

そう言われると、知り尽くした雲仙の温泉街から、山際の方に入り、集めていました。

思い出のお饅頭を今度は私が作って、おばあちゃんに送ってみようと思います。

笑ってくれると思います。

「こんなことする暇があるなら、稼ぎなさい」

っと、また、言われるでしょう笑

でも、できることがあんまりないので、お饅頭で勘弁してもらおう!

お饅頭に愛を込めて




0コメント

  • 1000 / 1000